谷村新司中文歌迷网 谷村新司中文歌迷网
Menu

唱片

棘-とげ-MONDAY A.M.8:00

Release Date: 2005-01-07
Available now on:
Loading tracks...

ABOUT THE ALBUM

都会で生きる孤独な女心を歌った84年作品。「流行の女達」での女性のバッキング・ボーカルは、一段と雰囲気を増しているが、以前あったシャンソン風の歌い方が影を潜めて、あくまでさらりと歌っている。

Available Lyrics

レストランの片隅で

作詞:谷村新司
作曲:谷村新司
翻譯:伊豆の踊り子

手首の伤を时计でかくして 明るく振るまうの
化妆道具もあの时のまま 口红も折れたままよ
贵方がくれたピアスも 港から海に舍てたわ
热い指先で触れた この耳たぶも冷たいわ

私を抱いたその腕で 今夜は谁を抱いてるの
悔しいわけじゃないけど 少しだけ气になるの不思议ね

抱きあう度に别离の歌が 闻こえた气がした
广い世界を狭く生きても それが幸福だった

レストランの片隅で はじめての烟草を吸えば
苦しさに泪あふれた 淋しさに泪あふれた

まわりの人が远くから 私を盗み见してるけど
このままかまわないでいて 想い出のこの店に居させて

贵方がかけたこの椅子に 手のひらを押しあててみた
その冷たさが教えてた あの夏の日は终わったと

まわりの人が远くから 私を盗み见してるけど
せめてこの店が终わるまで 想い出のこの场所に居させて

用手錶遮蓋住的手腕上的傷痕 到如今依然明亮的舞動著
桌上的化妝用品仍如你離開時一般 口紅也正是摔斷的狀態
你送給我的耳環也已從港口被丟到了茫茫大海
你熾熱的指尖觸碰的耳垂 如今已經沒有了溫度

你抱著我的那雙手臂 今夜又在抱著誰呢
雖然並不是遺憾 只是在意一點點的話也真是不可思議

每次擁抱時的那首離別之歌 我都能聽的到
在這寬廣的世界裏卻能相擁著生活 這便是幸福了

在餐廳的角落裏 吸著初次拿起來的香烟
便流下了苦澀的淚水 孤單的淚水
周圍的人從遠處偷偷地看著我
但就這樣也沒有關係呀
回憶就是從這店開始的

你坐過的那張椅子 我用手掌嘗試著按了按
那股透心的涼氣驚醒了我 那個夏天早已結束

周圍的人從遠處偷偷地看著我
但是至少在店還沒關門之前
就請讓我留在這個充滿回憶的地方吧

Album Review

都会で生きる孤独な女心を歌った84年作品。「流行の女達」での女性のバッキング・ボーカルは、一段と雰囲気を増しているが、以前あったシャンソン風の歌い方が影を潜めて、あくまでさらりと歌っている。
- - メディア